映画・テレビ

2013年3月18日 (月)

フライト

映画『フライト』を観てきました。

主人公を演じるデンゼル・ワシントンがシブい!


英雄か犯罪者か、エンディングがこれまた印象的でした…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月30日 (日)

ダバダ~♪

「ダバダ~♪」で始まる CM といったら、
多くの方が知ってるはず。

その CM になんと、「どり」が登場

美和さんの「ダバダ~♪」いいですね~

この CM のルーツといえば、
何といっても、この CM 。

暖かいコーヒーが恋しい季節になってきました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

TIME

諸事情あって、仕事を早退。
その事情が済んだんで、どうしようかと。

そういえば今日が封切だって思いだして
「TIME」を観てきました。

Img008_4

「すべての人間の成長が25歳でストップする
 近未来、世界を支配しているのは“時間”だった。」


設定は非常に興味深くて、どんなストーリーか
楽しみにしてました。

とっても面白く観られたんですが、
もうちょっと「なんで?」を掘り下げてもらえれば
一層奥深くなったんじゃないか、なんて、、、

ワタクシが解らなかっただけなのかなぁ?
もう一回観てみるか、、、

それと、大富豪の娘役の女優さん、
とっても印象深い顔立ちの方でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

ミッション・インポッシブル

今年は格別な寒さ。
ちらほら降った雪の影響で路面状態も最悪。

二輪にはまったく乗ることが出来ず、
欲求不満も募るばかり。

休みの使い方も持て余し気味の中、
それじゃ映画でもって劇場へ。

ミッション・インポッシブル
ゴーストプロトコル を観て来ました。

Migp_wp6_1280

超高層ビルの壁面(ガラス面)をよじ登る場面は
今回の「目玉」のひとつですが、
これ以外にも、まあ「てんこ盛り」の内容。

今回はシリーズ第四弾ですが、タイトルに「Ⅳ」が
表現されてなく、前作とのストーリーの関連性は
どうなんだろうと思いながらでしたが、
「なるほど~」って感じで盛り込まれてました。

この手の映画では、使われる二輪や四輪も話題に
なったりしますが、今回はBMWのコンセプトカーでしょうか、
大活躍してました。

映画には、「しっとり」「ゆったり」を求める方々も多いでしょうが
ワタクシは、「ドッカーン」「バキューン」で気分スッキリ派なんで
今回も充分楽しませてもらいました。

こりゃぁ「Ⅴ」もありそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

英国王のスピーチ

映画 「英国王のスピーチ」
観てきました。

原題の「King's speech」のほうがシックリくるかな。

Original1

ワタクシが大好きなジャンルではありませんが、
(ドカ~ン、バキュ~ン が大好物です、、、)
この作品は、最後まできっちりとしていて、
見ごたえのある作品です。

王室、親兄弟、家族、生い立ち、友情などなど
キーワードは沢山ありますが、
「独特な風合い?」の色彩画像も、大きな効果がでてるかと。


アカデミー賞の受賞で一気に話題になった訳ですが、
「なるほど」っと納得の充実した内容でした。

それと、
エリザベス妃役のHelena Bonham Carter が
とってもイイ演技だったなっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

RED

東京で映画を観てきました。

Nec_0013

「RED」(レッド)を、
1/29(土)の公開初日でした。

Original

実に爽快な作品。

ウォーレン・エリス&カリー・ハマーの同名グラフィック・ノベルを、
ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコビッチ、
ヘレン・ミレンの豪華共演で映画化したアクション・コメディ。
かつてCIAの工作員だった
フランク、ジョー、マービン、ビクトリアの4人は、
内部機密を知りすぎているという理由で
CIAの暗殺対象者になってしまう。
4人は生き残りをかけてCIA本部に侵入するが……。



まあ面白いったら、最後までいわゆる「中弛み」もなく
画面に釘付けになりました。

特にジョン・マルコビッチのキャラが、とっても印象的。


シナリオがいいんでしょう、
とっても解りやすいストーリー展開で
アクションがタップリのところに絶妙な笑いありで、
気分転換に観るにはピッタリの作品かと。


もう一回、観に行こうかな、、、
って思ってます。




| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月19日 (月)

第9地区

映画「第9地区」を観てきました。

District9_wallpaper02_1280x1024

チョッと複雑な印象が残った映画。

メッセージ性もあり、スプラッターあり、特撮あり、って感じ。

まず、南アフリカを舞台にして、他の映画ではかつて無かった
宇宙人と人間の関わりが最初に描かれてるのが衝撃的。
もちろん、南アフリカってのが、メッセージを多分に語ってます。

そして突然のスプラッター映像の数々。

特撮が、かなり精巧に盛り込まれているのに、
他の要素やメッセージ性が強すぎて、特撮がまるで
普通に見えてくる感触もありました。


単純な評価が非常に難しい
なかなか「一筋縄」ではいかない映画かな、、、

でも、面白かったのは素直な感想です。

「3年後」も描かれるのでしょうか?


今回、お出かけの途中で、
品川の「プリンスシネマ」での鑑賞。

「プレミアム館」での上映ってことで、
ちょっと贅沢な(ちょっとお高い)
シートに座ってきました。

さすがに居心地のいい空間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

FAIL SAFE 未知への飛行

FAILE SAFE 未知への飛行

2000年にTV生放送で全米に放映されたドラマ。

512ndxf1lxl__sl500_2

国防省のコンピューターが誤作動を起こし、
米空軍爆撃機に核攻撃の命令コードを送ってしまい、
攻撃目標のモスクワに向かってしまう。
命令撤回が不可能ななか、大統領をはじめとする
人々が、未曾有の悲劇を防ぐために奔走する
ってストーリー。

実は、スンゴイ昔に「レンタルビデオ」で、
このオリジナルの映画(1964年)を借りて
そのシリアスさにとっても感動したことがずっと記憶に
残ってて、もう一度観たいって思ってたところ
念願かなっての入手。

このリバイバル版は、
ジョージ・クルーニーが制作総指揮と主役で
画像はあえてモノクロで蘇らせたもの。


戦争映画というよりは、ヒューマンドラマって感じ。


以前に観たときに感動した、独特の緊張感が
同様に描かれていて、
ホント、あっという間の84分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

2012

最近封切になった話題の映画 
「2012」 を観てきました。

2012_wp2_1280

マヤ文明の終末論を題材にしたストーリー。

まあ~、これでもか!って迫力映像の連続。

なんせ「人類滅亡」を映像にしようってんだから
半端じゃありません。

内容からすれば、もっと時間をかけて描いたほうが
深まるかな~って感じる部分もありましたが、
まあ、欲を言えばってことで。

このジャンルの映画はやっぱり
映画館の大スクリーンですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

THIS IS IT

マイケル・ジャクソン
「THIS IS IT」 

観てきました。

Mj_2

当直勤務明けっていう
平日に映画館に行ける絶好のチャンス。

そして、今日は「メンズデイ」で 1,000円!

さすが、話題の作品 平日午前の上映にも関わらず
結構な混み具合でした。


さて、内容は亡くなる寸前まで行われていた
ロンドン公演のリハーサル風景のドキュメント。

きっと、ランスルーまでは進んでいなかったんでしょうか。

衣装は普段着(でもマイケルの普段着は、それなりです、、、)
繋ぎの部分の構成までは「まだ」の状況だったのかと。

いわゆる圧倒的な全盛期を過ぎてからは、
いろんな評価があるんでしょうが、
やっぱり「KING of  POP」の称号は彼のものかと。

リハとはいえ、
素晴らしいパフォーマンス&ステージングを
実感できる内容で、あっという間の二時間でした。

最近の映画館は、いつもの映画鑑賞では
素晴らしい音響って感じるのですが、
マイケルのサウンドのダイナミズムには
まったく物足りなく感じてしまいました。

*きっとLIVEほどのサウンドを期待したせいもありますが。

改めて類い稀な素晴らしいアーティストを
亡くしたんだなってヒシヒシ実感です。

ご冥福を祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧