« 「道の駅」各駅停車ツーリングその2 | トップページ | 一句 »

2010年10月12日 (火)

Giviモノロックケース取り付け

愛車「BMW F800ST」
「Givi モノロックケース E470」を取り付けました。

多くの皆さまから、いただいた事前情報どうり、
標準で付いてくるベース取り付け用のボルト(M6×30)は
立体的な造形のF800STのリアキャリアには短すぎで、
ホームセンターで、M6×50 を調達。

早速取り付け作業です。

*尚、取扱説明書には、組付け作業は「信頼できる販売店」に
  依頼を、と記載されています。
  取扱説明書に沿ってではありますが、自身による取り付け
  ですので、あくまでも自己責任により行いました内容です。
  決して、推奨するものではありませんので、念のため。
  いわゆる大人の約束で、ご覧ください お願いします。



ベースの位置決めです。
001

付属の波型プレートを、一番適所と思われる場所に
来るようにボルトの位置を決定しました。

波型プレートの手前(シート寄り)の状態
002

波型プレートの後ろ側の状態
003

真後ろから見た状態
009

M6×50のボルトは、ちょっと長過ぎかもですが、
しゃがんで覗きこまないと見えないところなんで、
まあ、良しとしました。

位置決めOKなんで、締め込みを。
緩み防止のために、こんなアイテムを使用しました。
004

ベースのカバーを取り付けます。
005

この時点で、いろんな方向にチカラをかけてみて、
ガタつき等の無いことを確認して、
ケース本体を取り付けてみます。
007

作業してみてのポイントは、波型プレートの位置決めを
キャリアとプレートそれぞれの形状の組合せで
いかに最適な、固定力のありそうな場所を見つけるか。
なのかと思いました。

作業の所用時間は、
かなりモタモタやって一時間チョイでした。

*波型プレートの位置決めに、かなり試行錯誤したのが
  時間を随分と浪費したと思います。


昨日の岐阜方面へのツーリングで、
約400kmを、荒れた路面の峠道や、高速走行を
含め走行しましたが、ゆるみや、ガタつきは
なさそうです。

010

やっぱり、便利です!
なぜもっと早く導入しなかったのかと思いました。

011
*レンズのせいでしょうか、
 ケースが大きめにデフォルメされてます、、、


近日決行の一泊ツーリングが、
一層楽しみになってきました。


 

|

« 「道の駅」各駅停車ツーリングその2 | トップページ | 一句 »

バイク」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182396/49714947

この記事へのトラックバック一覧です: Giviモノロックケース取り付け:

« 「道の駅」各駅停車ツーリングその2 | トップページ | 一句 »