« TOUCH | トップページ | GSM17706 スポーツシェイプタンクバッグ8 »

2009年1月31日 (土)

007/慰めの報酬

007/慰めの報酬

007 シリーズ最新作を観てきました。

007111_3   
























ジェームズ・ボンド には、
前作 007/カジノ・ロワイヤル からの
ダニエル・クレイグ

ストーリーも、まさに前作から引き続きの内容
*今作を観る前に、
  カジノ・ロワイヤルを観とくことオススメします。


007シリーズの22作目。
第1作目のドクター・ノオの封切りが
1962年ってゆうんだから
もう、47年目。

このてのジャンルの正にstandardであり、
大好物のワタクシとしては、
全作品を何らかで観ておりまして。

ボンド役は交代するたびに、
いろんな評価がありますが、
ダニエル・クレイグ は「アリ」かと。

いわゆる「色男」系の路線から離れて、
「ハード」な要素を前面に押し出した
ジェームズ・ボンドになった感じ。

ストーリーも、時代:世相を反映していて、
対する相手も過去の冷戦時代とは大きく変わり、
これもまた、興味深い設定。

前作からの引き続きと記しましたが、
この、大きく流れるストーリーがある、
ダニエル・クレイグでのNew 007シリーズ
次回作はどうなるんでしょうか、
期待しております。


最新の007、
なかなか充実の内容でした。


  

|

« TOUCH | トップページ | GSM17706 スポーツシェイプタンクバッグ8 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182396/43902303

この記事へのトラックバック一覧です: 007/慰めの報酬:

« TOUCH | トップページ | GSM17706 スポーツシェイプタンクバッグ8 »