« I could be free | トップページ | 大型二輪教習 その2 »

2008年8月 9日 (土)

大型二輪教習

このところずっと自動車学校に通ってました。
そう、大型二輪免許の取得のために。

この年齢にして教習通いとは、最初抵抗感も
あったものの、がんばるぞって気合を入れて!

*実は、ワタクシ今回が4回目の入学!
  とはいっても、取り消しになったとかのネガティブな
  事情ではなく、普通、普自二輪、大型(四輪のほう)
  と取得をしてまして。大得意様ですよ!
 <ポイントカード制でもあれば、相当溜まってるよね?>


とはいえ、久し振りの自動車学校
最近は受付する端末やら、ネットでの予約やらと、
様子を把握するのにも一苦労で。


6月中旬に申し込みにいったのですが、人数枠の
都合で、始められたのは結局7月中旬から。

さて、いざ教習へ。
規定は、全12時間

教習車は、お約束の CB750
普段のセローと比べれば、
それでも圧倒的な重量感で
最初の頃はなかなか慣れなくて。

平日の仕事のあとと、週末を利用し
なんとか規定範囲内で進み
8/2に「見きわめ」をもらい
いよいよ本日が卒業検定。


決まったコースの中で幾つかの課題を
こなし、法令遵守運転ができるかどうか。

課題には、
坂道発進、クランク、S字といった四輪にもあるものと、
急制動(時速40Kmから、規定範囲内の短距離で停止)
スラローム(パイロンの間を左右にヒョイヒョイとS状に通過)
一本橋(その名の通り、狭い板の上を落ちずに通過)
波状路(はしごを寝かせたようなデコボコ上を立ち姿勢で通過)
ってなメニュー。

後半の三つには時間制限もあって、
スラロームは7秒以下での通過、
一本橋は10秒以上かけてゆっくり通過
波状路は5秒以上かけてゆっくり通過

クランク、S字、スラロームは、パイロンに接触したら、
一本橋、波状路は落ちたり、コースアウトしたら
即検定中止です。


さて、コースは二つあって
どっちになるかは当日朝に発表。
ここ最近は暇さえあればコース記憶作業に没頭でした、、、


受験者は、大型がワタクシともう一人、普通(中型)が三人で
最初に普通の三人、次が大型でワタクシからでした。

普通と大型は、
課題が若干違うもののコースはほぼ一緒なんで
先の三人を見つめながらコースの確認。
しかし、緊張がおさまりません、、、


いよいよワタクシの番
乗車方法からです、安全確認等の手順があって。
緊張で、なんかフワフワしちゃって
発進してからも、ちっとも落ち着きません。
コース間違いしないように無我夢中って感じで、そして
最後のほうに、ワタクシの最大の困難課題「一本橋」が。
どうも苦手意識が抜けきれずで、この際タイムは無視して
とにかく落っこちないようにで、なんとかクリア。
最後まで、なんとか走りきって降車。



全員走行終了で
ロビーで、合格発表を待つことに。

待ってる間に教習でお世話になった
教官の方々の何名かとお会いして、
「合格してるといいですね」なんて励まされ。



さあ、アナウンスがあって
視線は発表の電光掲示板へ、、、、
受験番号は「4番、、、」




Photo
















合格しました!!

年甲斐も無くウレシサが込み上げてきて
帰りのクルマの中では、とうとう
「ヤッター!!」と奇声をあげちゃいました!


さて、冷静に戻って、

今回の挑戦は
資格の習得がもちろん最大目標でしたが、
今まで忘れてたり、そもそも知らなかった
技能のアップも得られ、とっても良い経験でした。


大型ライダーとして
模範運転を心がけていきますよ!

|

« I could be free | トップページ | 大型二輪教習 その2 »

バイク」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182396/41920625

この記事へのトラックバック一覧です: 大型二輪教習:

« I could be free | トップページ | 大型二輪教習 その2 »