« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

慣らし運転消化ツーリング

愛車 「BMW F800ST」 で、
日帰りツーリングに出掛けてきました。
*「慣らし運転」の距離消化が大きな目的です。

昨日まで、我が街も含め全国的に悪天候。
*被害に遭われた方々には、お見舞い申し上げます。


「F800ST」が手元に来て以来、
乗れる時間が取れるとき
に限って雨模様ばかり。
昨日の土曜は、
お仲間達とのツーリングも
予定されてましたが残念ながら断念、、、


しかし、この土日にナントか距離を走っておきたいと、
昨夜は四六時中、天気予報とニラメッコ。
夜遅くになって、回復基調の予報が!


083101
早朝に目覚め、
イザ、出発!








周辺各地の天気をリサーチ。
降水確率の低かった飛騨高山方面へ。

08083105
奈川度ダムです。
まだ、空模様は
スッキリせず、、、







安房トンネルから、高山へ

08083103
ナント、「青空」が
現れ始めました!








ちょっと前に高山はオジャマしてるんで、
今日はスルーして、下呂温泉方面へ

高山市内の交差点での信号待ちで、
ふと横を見ると、旅荷物満載の
BMW F650GS ライダーが。

「乗りやすそうな、いいバイクですね
 調子はどうですか」
と声をかけていただき、
「どちらまで?」とお聞きすると
「これから、広島!まで帰ると」

バリバリのBMWライダーから
声をかけていただき
チョット嬉しくなりました。
長旅の無事を祈りお別れしました、、、



R8071840
下呂温泉合掌村です。
賑やかなお店が
立ち並んでいました。







08083102_2
合掌村の入場口です。
入場料にチョット抵抗感が。
外から眺めて、にしときました。







R257を快走し(ホントにいい道でした)、
中津川へ。
*途中でR256へ入れば近道だったのですが、
  すっかり忘れて、爆走してしまいました、、、


08083107
R257沿いの
道の駅「加子母」にて








中津川からR19へ
もう天気は、ピーカン状態でした!

R8071857
R19沿いの
道の駅「賤母」にて








R19も順調に走って帰宅でした。
今回は、意識的に「道の駅」に多く立ち寄って
みました。それぞれ特徴があって、興味深く
「道の駅」めぐりっぽいプランも、
ありかなって。


慣らし距離消化までには、まだまだ走らねば。

バイクのメカニカル的な「慣らし」はもちろんですが、
ライダー自身の新しいバイクへの「慣らし」も
まだまだ必要そう、、、

次の休みも、天気が良いことを祈って!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

ZERO

「ZERO」

CRAZY KEN BAND (クレイジーケンバンド)

2008年8月13日リリースのニューアルバム

Zero










「日本の夏の風物詩、
CKB引く音楽=0を証明する、奇蹟のALBUM」


ってキャッチが。

少しまえから「ZERO」ってコンセプト(タイトル)は
LIVEなんかで発表されていて、
待ちに待ったリリースって感じです。

ほんと、「引き出し」多彩、センス良し、
そして、これぞ「剣さん!」って曲がタップリ。

ホント、そのパワーの源が尽きること無いって
感じです。

CKBのアルバムって、一曲だけ特別に取り上げる
ことより、とにかく最初から最後まで聴いてみて欲しい
って、他のアーティストのアルバム以上に感じます。


曲ごとにこれだけ変えられるか!って程の
バラエティさや、アルバムを通して感じる雰囲気もあって。


さあ、お馴染み「テンコ盛り」の全23トラック!

おススメです!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

BMW F800ST

バイクを買い換えました。
BMW F800ST です。

F800










大型免許を所得した理由は、
「バイク乗り」として、資格を持ちたい
っていうのが半分、
もう半分が、「このバイクに乗りたい」でした。

F800_2










リターンライダーとして、セロー250を購入して
最初の頃は、「気分転換に、時々走れれば」でした。

ところが、俄然バイクの魅力に引き込まれ、
特に「ツーリング」の楽しさは、
自動車では決して味わえない素晴しさです。

気がつけば、一度に走る距離も伸び始め
セローにもその備えを求めておりました。

セローも大変優れたバイクで、
その取り回しのよさ、癖の無い性能などなど
その恩恵を十二分に得てきましたが、
自分が求め始めた「旅」の性能には
「より一層を」と感じていました。

そんな想いで情報収集を始めると、
普通二輪(400cc以下)では、
なかなか叶うモデルが見つからず、
そのなか目に留まったのが「F800ST」、
そして、そのために必須なのが
「大型二輪免許」でした。


実は、かなり若い頃から
BMWの「ボクサーツイン」には
「憧れ」を抱いていて
今回も一足飛びに「Rシリーズ」を薦める声も
ありましたが、「いつかは、ボクサーツイン」って
ことで、もう少し先送りしました。
*その圧倒的な重量感に気後れしたってのも本音ですが、、、


しかし「F800ST」の選択は、決して「Rシリーズ」からの
「あきらめ」ではなく、数々のメディアが報じる高性能と
実車を目にした瞬間の「一目惚れ」がその理由です。

2









さて、今日は納車日。
朝目覚めれば「豪雨!!、、、」
こりゃ、今日は止めとこっかなあ、と
諦めながらも、変わりに手元を
去っていく「セロー250」に最後の手入れを
していると、あれだけ降っていたのに、
徐々に小降りに。

今がチャンスと、ディーラーへ。

最後の手続きをし、車体のレクチャーを。

ショールーム前で、記念撮影をしていただき
雨が降り出す前に、少しでも走っておこうと出発。
周辺を30Kmほど走って、フィーリングをつかもうと
あれこれ試してみました。

BMW独特のウインカー操作には、慣れるまでに
まだ時間が掛かりそう。

ブレーキ、クラッチはレバーの微調整をしなきゃかな。

1000Kmくらいまでは、慣らしってことで回転を抑えてを
心掛けなきゃですが、今日のホンのチョットの
走りでも、速度が増すほど気持ちよさが実感。

これで、慣らしが済んで
フリクションロスが取れて来たら
どれだけ良くなるのか今から楽しみ。

ポジションは、
さすがにまだ「自分のバイク」って
感じにはなれませんが、すでにしっくりきています。

次の休みには、距離のあるお出掛けを検討中です。


条件さえ許せば、
セローはほんとに手放したくなかったのですが、
様々な事情にて、今回下取りへ。
自分にバイクの楽しさを教えてくれた名車に
ホントに感謝。

1









大事にしてくれる
オーナーに出逢うことを祈って。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

海に向かって

愛車YAMAHA SEROW 250 (ヤマハ セロー 250)
今日は、海に向かって出掛けてきました。

Asa
朝早くに目覚めまして、
出発直後、
6:00の画像です、、、





北に向かって一直線!

R8071793
青木湖です。
なんか、
空模様が、
夏らしくないような、、、





糸魚川から
海沿いの国道8号線を
直江津に向かって走ってると
能生のあたりで、こんな、にぎやかな、
場所が。

Photo
「かにや横丁」って
ツーリングマップル
にも載ってました。

すんごい、
カニだらけ!!



お盆もおわりの時期ではありますが
目的としては真夏のキラキラした海の写真を
欲しかったのですが、

R8071802
なんか、
サビシイ~







R8071800
あっそれ
もういっちょ
サビシイ~






Photo_2 上越に突入です。









近いうちに、
「佐渡ツーリング」なんて話題もあったんで
情報収集に直江津港を偵察。

その後、国道18号を一路南下。

妙高高原の清々しい空気でも
って思っていた矢先、
新井付近から「どしゃ降り」の雨。

「道の駅」に避難、様子を見るも
一向に止む気配なく、
雨具をはおり出発。

妙高高原のあたりが、最悪の状況
写真を撮る余裕もなし。
せっかくなのに残念、、、

*妙高高原は、是非リベンジです*

長野市に入ったら雨も上がり、
国道19号を快走してきました。

雨のツーリングは、
何かと厳しく辛いものですが、
ヘルメットのシールド越しに
打ち付けられる雨粒と一緒に
見える景色も、
結構、ステキな光景で、
実は、割と好きだったりして。

本日の走行距離は 330Km でした。
高速使わないでの、この程度だと
日帰りにはちょうどいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

大型二輪教習 その2

お盆ってことで、
懐かしいメンバーでの宴があり
シコタマ飲んだ翌日、
免許センターに交付手続きに行ってきました。

*その宴については、
  ワタクシが敬愛して止まないギタリスト、
  papaさんのHPで取り上げていただいております。

朝方近くまで飲んでの後、13時までに受付に出かける
のは、正直スンゴクしんどくて、文字通りの「二日酔い」
状態でした。

予定上、どうしてもでの強行スケジュールでした。

受付→適性検査(視力)→ビデオ講習→写真撮影→免許交付
って段取りで、免許もらったのは15:30ごろでした。

2











普通免許の区分変更で、
「中型」ってのができたそうで。

なんか、慣れなくて
よく判らずですが、、、

さて、これで免許も整い、
「大型ライダーへの道」への準備も次の段階へ。

猛暑の日々も残暑へと向かい、
ツーリングには絶好の時期が
訪れます。よい旅がしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

大型二輪教習

このところずっと自動車学校に通ってました。
そう、大型二輪免許の取得のために。

この年齢にして教習通いとは、最初抵抗感も
あったものの、がんばるぞって気合を入れて!

*実は、ワタクシ今回が4回目の入学!
  とはいっても、取り消しになったとかのネガティブな
  事情ではなく、普通、普自二輪、大型(四輪のほう)
  と取得をしてまして。大得意様ですよ!
 <ポイントカード制でもあれば、相当溜まってるよね?>


とはいえ、久し振りの自動車学校
最近は受付する端末やら、ネットでの予約やらと、
様子を把握するのにも一苦労で。


6月中旬に申し込みにいったのですが、人数枠の
都合で、始められたのは結局7月中旬から。

さて、いざ教習へ。
規定は、全12時間

教習車は、お約束の CB750
普段のセローと比べれば、
それでも圧倒的な重量感で
最初の頃はなかなか慣れなくて。

平日の仕事のあとと、週末を利用し
なんとか規定範囲内で進み
8/2に「見きわめ」をもらい
いよいよ本日が卒業検定。


決まったコースの中で幾つかの課題を
こなし、法令遵守運転ができるかどうか。

課題には、
坂道発進、クランク、S字といった四輪にもあるものと、
急制動(時速40Kmから、規定範囲内の短距離で停止)
スラローム(パイロンの間を左右にヒョイヒョイとS状に通過)
一本橋(その名の通り、狭い板の上を落ちずに通過)
波状路(はしごを寝かせたようなデコボコ上を立ち姿勢で通過)
ってなメニュー。

後半の三つには時間制限もあって、
スラロームは7秒以下での通過、
一本橋は10秒以上かけてゆっくり通過
波状路は5秒以上かけてゆっくり通過

クランク、S字、スラロームは、パイロンに接触したら、
一本橋、波状路は落ちたり、コースアウトしたら
即検定中止です。


さて、コースは二つあって
どっちになるかは当日朝に発表。
ここ最近は暇さえあればコース記憶作業に没頭でした、、、


受験者は、大型がワタクシともう一人、普通(中型)が三人で
最初に普通の三人、次が大型でワタクシからでした。

普通と大型は、
課題が若干違うもののコースはほぼ一緒なんで
先の三人を見つめながらコースの確認。
しかし、緊張がおさまりません、、、


いよいよワタクシの番
乗車方法からです、安全確認等の手順があって。
緊張で、なんかフワフワしちゃって
発進してからも、ちっとも落ち着きません。
コース間違いしないように無我夢中って感じで、そして
最後のほうに、ワタクシの最大の困難課題「一本橋」が。
どうも苦手意識が抜けきれずで、この際タイムは無視して
とにかく落っこちないようにで、なんとかクリア。
最後まで、なんとか走りきって降車。



全員走行終了で
ロビーで、合格発表を待つことに。

待ってる間に教習でお世話になった
教官の方々の何名かとお会いして、
「合格してるといいですね」なんて励まされ。



さあ、アナウンスがあって
視線は発表の電光掲示板へ、、、、
受験番号は「4番、、、」




Photo
















合格しました!!

年甲斐も無くウレシサが込み上げてきて
帰りのクルマの中では、とうとう
「ヤッター!!」と奇声をあげちゃいました!


さて、冷静に戻って、

今回の挑戦は
資格の習得がもちろん最大目標でしたが、
今まで忘れてたり、そもそも知らなかった
技能のアップも得られ、とっても良い経験でした。


大型ライダーとして
模範運転を心がけていきますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »