« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月25日 (火)

帆布工房 トートバック

通勤用にと、
「帆布工房」のトートバックを購入しました。

Hanpu2





*三色あるうちの
  「くろ」をチョイス
  しました。











今まで約六年間程使い続けたのは
「メッセンジャー風」のショルダーバック。

昨年の転勤前までは、自宅~職場がほとんど
ドア to ドア で、意識していなかったのですが
バックに入りきらないものを手に持って歩いて
いまして。

システム手帳、ペンケース、弁当箱が常駐モノ。
ところが、この「メッセンジャー風」これ以上になると
なかなか融通が利かず、
チョイと持ち帰りの書類とか、
当直勤務の時の洗面道具とか
これが、入らないってゆうか、無理やり詰め込むと
「パンパン」に膨れ上がってみっともなくって、、、
結局、溢れたものを別に持ち歩いていたわけで
たいした距離じゃなかったんで気にしなかったのですが、

転勤して、こんどは職員駐車場が
結構離れたところにあり、せっかくバックがあるのに
入らないことがとっても気になりだして。

そんな時、「トートバック」がとっても便利そうと物色開始。
職場の同僚が、「帆布工房」製のバックを利用していて、
その自然で飾らない風合いがとっても気に入って、
このバックを購入へと。

さて、「トートバック」は、使ってみるとこれが便利&楽チン!
なんでもガッツリ、簡単に放り込めるんでストレス無し。
このバック、開口部にチャックとベルトの両方がついていて
荷物少ないときはチャック閉めて、沢山でチャック閉まらない
ときでもベルトでサポートできる便利さが。
それに内側に小物入れも手ごろにあってこれも便利。

素材も縫製もしっかり、がっちりしていて安心感大。
手提げにもショルダーにも調節できるところもお気に入り。


トートバックってガンガン目一杯放り込んで、
「パンパン」状態のときも、それなりに見えるところが
これがまた良いところかと。

トートバック初心者なんで、
これから気付く便利さや不便さがあるのでしょうが、

とりあえず、
只今、日々の頼もしい相棒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

蕎麦喰いプチツーリング

今日は、朝からバイクの日。

いよいよ、季節到来って陽気になったんで
本格的な走り出しの準備開始!

まずは、この冬に溜まった砂埃や汚れの洗車、
ネジの増し締め、グリスアップを済ませてから、
いつものショップで、オイル交換。
*この前のチョイ走りで気になったところの点検も
  一緒にお願いして、これで心配無し!


さあ、準備ができたら
さっそくお出掛けしたくなりまして。

実はチョット前から、蕎麦が無性に食べたくて、
目的地は、久しぶりに行く
お気に入りの蕎麦屋に決定!

ってな訳で
相変わらずのノンビリ走りで一時間半程で到着!

R0011353









水車が廻ってる、(暗くて判りづらい?)

Photo









とっても静かで、いいロケーションに
ある、お気に入りの蕎麦屋さんです。


2









もちろん、お気に入りの一番の理由は
美味しいこと!

今日は、「海老天ざる」です!!

Nec_0006









「つゆ」は甘すぎずダシの効いた
飽きの来ない味(辛めのつゆが好みでして)、
薬味の山葵は、本物をおろしたもの、
海老天もサックリ衣に充実の内容。
蕎麦の量もタップリ(これで普通盛りです)

そしてこの内容で、値段は千円以下!



身も心も大満足で、帰り道へ、
ホント春ですね~
夕方になっての風も柔らかくなりました。


三日程前から、風邪と思われる発熱に襲われ
昨日までは、イマイチの体調でしたが、
こうやって、外の空気にあたると
ホント気分転換になって、
明日から頑張る為の
スイッチが入った感じになりました。


さあ、今年も、シーズンイン!!
あちこちウロウロ走りますかね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

CRAZY KEN BAND ZERO TOUR 2K8

CRAZY KEN BAND のLIVEに
参加してきました。

Nec_0002_7









Nec_0004









そう、SHIBUYA-AX です。

そうです、
立見(オールスタンディング)です!

Ckb






昼過ぎから、渋谷、原宿を巡り歩き、
それだけでも、
普段の運動不足を露呈するに
十分の足腰への酷使を強いてきた上での
オールスタンディングLIVE。

18:00入場、19:00開演でしたが、
すでにこの一時間の立ったままの「待ち」ですら
ジワジワと足腰へ、、、

でも、始まってしまえば
目の前のメンバー達に圧倒され
大盛り上がり!

*整理番号400番は、かなりの
  かぶりつき状態。
  まちゃ、ほんとにサンキュでした。


剣さんもらしきことを語ってましたが、
アルバムツアーでないLIVEで、
ホントに「LIVEっぽい!」って感じで。

選曲も進行も、「自由だ~あ!」って感じの
リラックス感があって、
ホントに盛り上がるLIVEでした。

しかしいつもながら、
リクエストの答えて即興で
どんなレパートリーでもスグ演奏できてしまう
このBANDの底ヂカラったら!!

ラストには、メンバーに煽られるままに
ぴょンぴょンと「JUNP !」って!

そんなわけで、
昨日の猛烈な足腰の酷使はきちんと、
その代償が襲ってくる訳で。

あっ、イテテテ~、、、あっ、足が~

でも、ステキな一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

key

「key」

一青窈 3月5日リリース、
4枚目となる ニューアルバム

Key












途中ベストアルバム「BESTYO」を
挟んでるものの、オリジナルアルバム
としては、05年12月発売の「&」以来と。

一青さんは、
02年にデビュー曲「もらい泣き」を聴いてから
ずっと注目し続けてきたアーティスト。

最初は、そのオリエンタル(?)な
メロディーとアレンジ、
彼女のヴォーカルの特徴が前面に
打ち出されていたようにも思いますが、

なんといっても、最大の魅力は
彼女の詞ではないかと。

決して特別な「言葉遣い」をしてる訳ではなく
描かれている内容も、突飛なテーマでもなく
でも、一曲ごと、その詞から情景、想いが
じっくりと伝わってくるようで、、、

今回のニューアルバムの中では、
メロディーにのせない、
ナレーション的な詞の伝え方が幾つか
ありますが、それがまたとっても印象的。


そして、
producer としての武部聡志氏の存在が。

武部氏は、
松任谷由美さんのLIVEでの
アレンジャー&Key奏者として知ったのが最初。
繊細且つダイナミックなアレンジと演奏に
「この人センスいいな~」って。

*あと、CX系の全国放送
 「僕らの音楽」のテーマも武部氏の作品



今までアルバムでは、
彼女の音楽の広げ方を、楽曲やアレンジの仕方で
模索してきた様子が感じられていましたが。


今回のアルバムでは、
一青さんの詞の世界とヴォーカルに、
武部氏の音楽性が重なり合い、

いよいよ本格的に「一青窈ブランド」が
確立しつつあるのかなっと、、、


そうそう、12曲目の「茶番劇」、
作曲&アレンジは、
そう、クレイジーケンバンドの横山剣氏!

出来栄えは、もちろん 「イイネ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

やっと春の気配が

わが街周辺もやっと、
日中は暖かさが感じられるようになりました。

と、なれば、いよいよ乗りたくなりまして。

プチツーリングに出掛けてきました。
三時間ほどあちこち走ってまいりました。

Nec_0035
*デジカメ忘れて
  携帯カメラで、、、








とはいっても、周りはまだまだ冬景色。
本格的な春の訪れは、もうちょっと先ですね。

今日は、突然思い立ってのお出かけで、
冬眠明けのメンテナンスはゼンゼンしてなくて。

洗車もしたいし、オイル交換もしなきゃだし、
アクセル、キャブ関係もちょっと調整したいし、

春を迎えるために、やること満載です。


さて、去年の秋に防寒用のバイクグローブを
新規購入、季節的に頻度は少なかったけど
使ってみてなんですが、

070717j25












「NANKAI」
ルネス ウォーマー グローブ / SDG-330


デザイン、各部のつくりは申し分なく、
防寒性能も文句ないレベルかと。
的を得た必要部分の補強対策、
内側の生地の感触もとてもよく
さすが、NANKAI の製品と感嘆しきり。

ただ、これはどこのメーカーの製品でも同じ
なのでしょうが、
厚手の生地と寒さでかじかむ指先が相まって
ウインカーとかの操作がとってもし難くて。

交差点に差し掛かる度に、
余計な神経を使っていて、結構ストレスで。

まあ、暖かさの代償 仕方ないですけどね。

やっと、春の気配、
今シーズンの
このグローブのお役目ももう少しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »