« AND I LOVE YOU | トップページ | TOSHIKI KADOMATSU Ballad Collection »

2007年12月15日 (土)

I Am Legend

「I Am Legend」 
(アイ・アム・レジェンド)

Will Smith 主演 12/14(金)公開

観てきました。

Ialwallpaper01_1280










日本でのキャッチコピーが

「地球最後の男に希望はあるのか」


前に映画を観に行った時に予告編やってて
こりゃ、オモシロそうかな
って公開を待っておりました。

書店で、どうやら原作っぽい本も
チラッと見かけましたが、
「あらすじ知らずで観たほうが楽しめそうかも」と
予感して、予備知識全くなしで映画館へ

予告編やCMでも
その部分が誇張されていますが、
前半の圧倒的に多くのシーンは、彼一人。
*ずっといっしょの愛犬がいい味だしてますが、、、

だれもいなくなって廃墟と化したN.Y.のど真ん中で
狩りをしたり、野菜を栽培したり、
航空母艦の戦闘機の羽根の上からゴルフを打ちっぱなしとか。
 
合間に僅かに「なぜ人類がいなくなったのか」の過去を
振り返るカットが入るが、それ以外は殆ど彼一人のシーン。

この前半部分はとってもヨカッタ

彼が、ただ 「一人ぼっち」であることだけじゃない
何か」をずっと感じながら、異常な緊張をしていたりの
時間の流れがとっても緊迫感に溢れていました。

中盤には、もろもろの事情が明らかになって、
後半に向かって怒涛の展開となっていくわけですが、
一般のメディアに公開されている予告編やCMでは
この辺からは、伏せられている中味のようで
*いわゆる「ネタバレ」になっちゃうようで、、、

ここは「オトナの約束」で、詳しくのレポは控えますが、
前半があんまりにヨカッタのに比べて、後半はちょっと
事の進め方が急すぎて、もちょっとドッシリと長時間で
描いても決して飽きずに観られたんじゃないかな~
ってのが率直な印象でした、、、

逆にそれくらい、コンセプトはオモシロかったし
もっと観たかった!」って感じからなのかもですね。


Will Smith も好演してるし、

見応えのある一本でした!

|

« AND I LOVE YOU | トップページ | TOSHIKI KADOMATSU Ballad Collection »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182396/17375027

この記事へのトラックバック一覧です: I Am Legend:

« AND I LOVE YOU | トップページ | TOSHIKI KADOMATSU Ballad Collection »