« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月25日 (火)

この週末は その2

さて、感動のドリLIVEから一夜明け、
名古屋に向かいました。

R0011154
この、新型新幹線

N700系 に乗るってのも

目的にしてました。




R0011158
やっぱ、今までのに比べて
音は静かかな~?

加速が凄くなったってのは
体感しました。




R0011159
って訳で、名古屋に

到着!






名古屋には、いつも様々なことを指南してくれる
とっても頼もしい友人「Red-5 氏」が住んでおり、

*なんで「Red-5」っていうか。
 「このヒト」を崇拝?しており、そんで似てるんです。
 いろいろが、、、ハハ


今回はホントお世話になりました。


最初は、やっぱ名古屋らしい昼食をってんで

R0011161_2
名古屋といえば

「みそかつ!」

てんで、「矢場とん」さんへ




R0011163_2 Red-5氏の御注文の品
「わらじとんかつ」
すごいボリューム!

私はちょっとビビッちゃって
普通の丼にしちゃいました。

美味しかったでございます!



そんで、名古屋といえば、
「トヨタ自動車」!
で、「トヨタ博物館」へ行ってきました。

R0011187
自動車の歴史をたどって
展示がされていて、

素晴しいコンディションで
圧倒的な数の展示で
感動しちゃいました。



R0011197
トヨタといえば、
これをぬきには語れないかと

トヨタ2000GT でございます。





R0011196_2
個人的には、
この「ヨタ 8」は
一度乗ってみたい一台で。






もう、写真トリマクリだったんだけど、
あんまり上手く写ってるのがなくて、残念、、、


夜の部も、
「手羽唐」、「土手煮」などなど、テンコ盛りで
美味かったぁ~!

呑みすぎちゃったです。


翌日は、
中部国際空港 セントレア」に足を伸ばしました。

これまた、最近できた空港って感じで
素晴らしい設備。

飲食街も充実してるし、いろんなイベントがされてるし
旅にでるヒトだけじゃなく、「空港へ遊びに行く」って
感じができる様子でした。

私も「乗り物オタク」なんで、こりゃお気に入りでした。


いや~、名古屋を堪能しましたですよ。
Red-5さん、あざ~っした!

そんなことで、この週末は
タップリ充実の3日間でありました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

この週末は

この週末は、まず LIVEから!

Dct070922
DREAMS COME TRUE
の4年に一回の大イベント

至上最強の移動遊園地
WONDERLAND 2007

東京・国立競技場 へ


9/22(土)に行ってきました!

まあ、なんといっても「6万人」の迫力ったら、これが!
会場の雰囲気は、中村正人氏の「ドリブログ」に写真も
掲載されてるんで、ご覧いただいて。

入場する時も、ちょっと事情で開演にそんなに余裕がない
時間になって会場近くに着いたんだけど、
もう、「人、人、ヒト、、、」
入場行列がスンゴイ状況で、
一瞬、開演に間に合わないかもって思ったホド。

さて、ワンダーランドは、ファン投票での選曲でのLIVE、
もう、盛り上がらない訳がない。

席が、スタンド席の上の方で、楽しめないかな?
なんて最初は思ってたけれど、
様々な演出や、観客全体の雰囲気がとっても良くて
もう、十分過ぎるほど大満足。

それとまた、ステージ越しの景色がまた、
演出のひとつのようで。

開演当初の夕焼けの見事さ
日が暮れてからは、摩天楼のきらめきが
これもまた「絵」のように輝いていて!

やっぱ、野外LIVEには独特の雰囲気もあって
よいもんです、ホント!

「あの夏の花火」も感動、見事でした!



さて、感動のLIVEの翌日は、
名古屋の旅!

次回につづく~ってことで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

HERO

9/8(土)より公開の
「HERO」  を観てきました。

Hero_wp03_l

主演の木村拓哉さんを
はじめとした
東京地検「城西支部」の
メンバーは
いつものとおりの顔ぶれで。



01年のTVでのシリーズ放映
06年のスペシャルを経て

今回の映画化へ。

TVで人気で、その勢いが衰えないうちに映画化
ってのはよくあるが、この「HERO」はとっても長い時間を
経ており、そういう意味では珍しい作品。

主人公 久利生公平 や、
レギュラー陣のキャラクター設定が絶妙であること、
もちろん、それを演じてる俳優陣の演技の素晴しさと
なによりも、ストーリー展開の巧妙さが人気の素なのかと。


今回の映画化は、
出演者の豪華さやTV時代からの馴染み易さに
どうしても関心が先行しがちですが、
ワタクシとしては、予想以上に
ストーリー性がとってもあって良かったなと。

ある傷害事件の裁判が、
大物代議士の贈収賄事件と関わっていて、、、


松本幸四郎さん演じる敏腕弁護士との対決や
香川照之さん演じる地検特捜部検事とのやりとりも
とっても見ごたえあり!
*韓国シーンでは、イ・ビョンホンさんも登場!*
  (きっと韓国のスゴイスターなんでしょうがワタクシ
   韓流スターはトント不承知で、コメント不足で
   すみませんです、、、)


あと、中井貴一さんってかっこいいですね
 今回あらためて感じてしまいました!



久利生検事と雨宮事務官(松たか子さん)の二人の
間合いも相変わらずで、その進展具合も微妙絶妙?
*そう、松さんファンのワタクシとしては
           とっても心配でございました*




さて、よく御存知の方々には、

あの予告編にもカットがある、
マスターの 「あるよ!」 は、
いったいなんの注文だったのか、

そして、そしてエンディングはいったいどんな?

気になってることでしょう!



映画館まで出掛けて観るか、待ってお家でDVDレンタルか
ここらへんの価値判断をされることと思いますが、

「HERO」いいですよ! スクリーンで観ときましょう!

 是非!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

K.Yairi

ギターを買いました!

R0011106 「K . Yairi」 と言うブランド。

ホントにピュアな、いわゆる
「生ギター」です。

写真では照明のせいで
色が跳んじゃってますが、
結構濃いサンバーストです。


さて、「何で、今またアコギなんて買ったのか」と。

ワタクシ、遠い昔(まだ淡き夢見し頃)
バンドを組んで活動をしており、

その当時頃から、「アコギ」の世界に「エレアコ」っつう
ものが一般的になってきていて、
LIVE で使うなら迷うことなく「エレアコ」でしょう!
という感じで。

もちろんワタクシも、その「お告げ」に忠実に従い、
当時の選択は、「エレアコ」

まあ腕前は置いといて、道具としては一生懸命に
活躍をしてくれました。


しかし、この「エレアコ」
名の通り、
「エレクトリック」と「アコースティック」の合体なれど、
当然、どちらも100%とはいかず、
LIVEでの優位性を求めていくほど、
「アコースティック」としての部分がチト寂しくなる訳で、
ダイタンに表現すると、
家でPA(音響機器)につながず、
普通に「ポロロ~ン」と弾いても、音色が「イマイチ」なのです。
*それはそれで良いと言われる方もいらっしゃいますが*


最近入手した「CD & DVD」で 
(また後日御紹介予定!)
「アコギ」の音にかなり触発されたのが引鉄となって、

「この音で弾きたいよ~」となった訳で。
そう、「お部屋弾き専用」という選択です!


この「K . Yairi」、バンドやってた その昔から、
アコギのトップブランドとして君臨し続けてるメーカー

今回も楽器店で、ご対面の瞬間から目を奪われ、
*いわゆる「一目惚れ」って感じ*

弾いてみても これが、「鳴る、鳴る!」
即効「お持ち帰り」状態でした。
これから弾き込めば、一層深まるかと大期待!


最近でも、年に何回か「お座敷が掛かる」ことがありまして
(まあ、いわゆる余興ってやつが殆どですが)


これからは、
チッチャイ箱でのLIVEなら、こいつが登場もありかな、、、



R0011119

*新しく仲間入りした一本を
  かこんで、主力機種での
  「記念撮影」の一枚
  でございます!*






とかく慌ただしく且つ不透明な毎日が、
相変わらず続く毎日なのですが
ホッと息を抜く道具として、やっぱギターはいいですね!
*これで、上手だったら言うこと無いんだけど、、、*


さあ、「芸術の秋スタートなのだあ~!!」

そう、もう9月になっちゃたんだよね~(寂) 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »