« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月27日 (日)

Denim

Cd_denim250_1 竹内まりやさん、
実に6年ぶりのオリジナルでの
New album  5/23発売。


Produced & Arranged は
もちろん、
山下達郎さん!
*Producedはまりやさんと
お二人で、です*

また、Arrangedには
服部克久さん、
センチメンタル・シティ・ロマンス 
Piccadilly Circus といったクレジットも。



キャッチには、~洗いざらしの竹内まりや~ と。

ライナーでもご本人から、
「人生はまるでデニムのようだと、私は思う。」と、
このアルバムのことを語ってます。



確かにデニムって、これ程身近にありながら、
新しい物にも、古い物にも、
ビシッ!としてる物も、ボロボロの物にも、
それぞれ良さがありますね。

「素敵に色褪せて、深い味わい」を
醸し出せるオトナに自分もなりたいものです。


さて6年ぶりのアルバム、
TV番組のテーマソング、CMソング、
他の人に提供した曲等々で
既に馴染みの深い曲も多々ありますが、
こうしてきちんと聴き直すと
また、違った深い印象が生まれるもので。

アルバムが手元に届いた夜、
聴いたら、恥ずかしながら「涙腺」が緩んでしまい、、、、
こんなことは、そう無いことで。

実は最近、きちんと考えなけりゃいけないことがあって
*いい歳なんだから普段からきちんと考えろ!って
  怒られそうですが*


出した結論に、後悔は無いものの、
その時の伝え方やタイミングがどうだとか、
これからのことだとか、また考え込んでいる訳で、

そんな時だったんで、なおさらでしたが
アルバムの幾つもの曲に励まされ、癒されました訳でして。



この慌ただしい世の中、
心身ともに「疲れてるな~」って方には、
「必聴もの」です、間違いない!(断言)

でもでも、決して
「暗~い、まったりした」アルバムじゃないんで、
「いつでも」「どこでも」素敵に聴けることも、
もちろん!ってことで。
ほんとに蛇足ではありますが、、、


冒頭にの「Piccadilly Circus」の
「Never Cry Butterfly」は、
杉真理さん&伊豆田洋之さんの名曲!


松たか子さんに提供した「みんなひとり」も、
松さんのバージョンと大きく雰囲気を変えてる訳では
ないんだけれど、
なにか、もっとしっかりと「語りかけられてる」っゆうか、、、

松さんのバージョンも素敵なんで、ぜひ聴き比べしてみて!


あと、?年か経って五十路になってから、
「人生の扉」を、またちゃんと聴こうかな。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

スパイダーマン 3

Sm3_wp5_800_1  観て来ましたよ、
「スパイダーマン 3」



いい歳したオジサンなのに、
好きなんだな~
「ヒーローもの」



結局、「スパイダーマン」は
三作とも劇場で鑑賞!



「スパイダーマン」は、何がイイって、空を飛ばないとこ!

飛ぶ! ほとんどのヒーローって、、、
それも、「マッハなにがし」とかで、宇宙の彼方まで。

子供の頃は、それも夢があったんでしょうが、
この歳になると、
フィクションを観ていても「そこそこの現実感」を
求めるんでしょうか。
まあ、あんまりにも「そんな訳無いじゃん」が重なると
醒めちゃうのかな。

「だから~、フィクションなんだから!」と
突っ込みが入りそうなんで
飛ぶ、飛ばない はこのへんとして。


「スパイダーマン」のストーリーの大きな特徴は、
主人公が「苦悩」しまくること。

友情、恋愛、責任感、使命感、、、
なにか、ちょっと自分達の日常と重なるような描写も多く。

今回も、悩んでますね~


まだ、ご覧になってない方は、
あの「黒い」スパイダーマンは??
って気になっていることでしょう。

もちろん、今回の中核をなす内容なんで
「オトナの約束」として、詳しく書く訳にはいきませんが、、、
御想像の方も多いでしょうが、そう「心模様が、、」です。

そして、もうひとつ
「4」はあるのか?

エンディングを観ると、「、、、」って感じですね(?)


それにしても、エンターティメントとして良くできた作品かと。
この手の作品は、家で「DVD」で「ゆったり&まったり」よりも
劇場の「大画面&大音量」がよろしいかと。


ところで、とうとう来月公開される
「大日本人」の劇場予告編が流れました。
予告編なんで、ほんとに部分的だけど、
タイトルから勝手に想像していたのとはゼンゼン違う内容で、
「オモシロそう!」

「松っちゃん」ファンとしては、これも公開が楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

GSM12711「GWS MULTI USE JACKET」

1271112_1 五月になってから、
バイク通勤を始めました。


わが町ったら、
なかなか朝晩暖かくならず、
「根っからの根性無し」としては、
決心がなかなかつかずで、
四月のうちは朝しっかり
クルマのキーを握り締めてる日々で、、、





そうはいっても五月だし、
これから仕事環境がちょっと変わるって
こともあり、「バイクで行こう!」と、
毎朝「チョーク」を引っ張る儀式を始めました。

バイク通勤を始めてから五月も中旬を過ぎ、
この次期悩むのが服装。

仕事にワイシャツ&ネクタイを求められ、
職場で全部着替えるのは面倒なんで、
家から「そのまんま」が基本。

冬用ジャケットじゃあもう、、だし、
春夏用って出回ってるのは、
結構「ピッタリフィット系」が多く
通勤姿にはどうも、、、


で、見つけたのが
GOLDWIN のGWSマルチユースジャケット
「GSM12711」ってやつ。


シルエットもゆったりで、
通勤とかで中に着るものを選ばないのが良好!
*ツーリングでも高速走行バリバリってのは
  縁がなく「のんびり派」で
 高速でのバタつきも神経質でなく、
 これで十分って感じ*


デザインもシンプル(スッキリ)なのも良好!
*ツーリングのときって
  結構派手なカッコを選んでする時もあるのに
 通勤や街乗りのときって、派手なのはチョットって、、、*


もちろん、GOLDWIN の最新モデル。
防水性、浸透性をはじめ、求められる様々な機能は満載。


真夏はちょっと厳しいだろうけど、
それ以外の春~秋に大活躍となること確定かと。


だがしかし、「根っからの根性無し」ライダーには
まもなく天敵が訪れる!


「梅雨」がも~すぐ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

「とりあえず、、、」から一周年!

昨年の5月7日、
「とりあえず、、、」とはじめたブログもちょうど1年。


一周年をことさらに誇るほど、きちんとした更新もされてなく
ほんとに「気まぐれ」な内容ですが、
慌ただしく過ぎていく日々の中で、何かを書き残せたことは
自分にとっては「大きな収穫」だったなと。


そんなブログながら、
お付き合いをいただき、
(何かの偶然でって方のほうが多いでしょうが)

この間、ご覧戴きました皆様には、
何かとアドバイスなんぞもいただき
ほんとに感謝です!

ありがとうございます。(おじぎ)


さて、二年目!


「日記代わりってタイトルには書いてあったんだけど、
  あんまりプライベートのことには触れないんですね」



ってご覧戴いた方から言われたこともありますが、


「あえて触れない訳でなく、
 実は書くほどのニュースが無いんですよ、ハハハ、、、」



なんて、、、 



ほんとに、




それじゃあ ダメじゃん! by  春風亭 昇太 師匠

Shota_1 












    *大好きな落語家さんです!*



って感じですが、、、


さてさて、これからも
そんなこんなで相変わらずってことで、、、



引き続き、「気まぐれ」ですが、更新にお気づきの際は
また、ご覧になってくださいませ。


どうぞ、よろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

Diary

Shiori_takei 竹井詩織里さん 
4/18発売の 3rdアルバム。


彼女は、特別な出会いって
訳ではないけど

偶然一枚目のアルバムを
聴く機会があって以来
ずっと聞き続けてきているアーティスト。



すっごい「素直な歌い方」ってイメージが強くて、
でも声質はしっかりしてて、
きっとLIVE映えがする歌い方なんではと、
ずっと感じていました。
*結構いろんな場所で
 小さなLIVEを繰り返している様子なので、
 御本人やサポートしているスタッフの感じ方も
 きっと同じ感じかなって。*



さて、メジャーアルバムを
三枚リリースしてきている活動の経過としては、
一層の脚光を浴びる機会がどう訪れるか、って
彼女を承知の人達は
思案していることと察します。

今回のアルバムも、
とっても安定した作品で構成されていて安心して
聴ける十分な内容だと感じます。

以前にも書きましたが、
後は「きっかけ=大々的なタイアップ」だけかと。

実力が伴わないうちから、
そういう戦略で現れるミュージシャンが決して少なくないなか、
彼女はきちんとした地固めが進んでるなって感じるんで
<その時>に備えて、
楽曲の準備、LIVE活動の充実をこれからも進めてほしいです、
そんで「どっか~ん!」と表舞台に登場されることを。


新しいアルバムでのLIVE、
ぜひ精力的に行っていただければと、
今後はぜひ一度、参加したいなって思っとります。


先だって紹介した
NAOMI YOSHIMURAにつづき、
ここ最近、ぜひ応援したいアーティストのひとりです。

そちらもですが、聴かれたこと無い方、ぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »