« スパイダーマン 3 | トップページ | 大日本人 »

2007年5月27日 (日)

Denim

Cd_denim250_1 竹内まりやさん、
実に6年ぶりのオリジナルでの
New album  5/23発売。


Produced & Arranged は
もちろん、
山下達郎さん!
*Producedはまりやさんと
お二人で、です*

また、Arrangedには
服部克久さん、
センチメンタル・シティ・ロマンス 
Piccadilly Circus といったクレジットも。



キャッチには、~洗いざらしの竹内まりや~ と。

ライナーでもご本人から、
「人生はまるでデニムのようだと、私は思う。」と、
このアルバムのことを語ってます。



確かにデニムって、これ程身近にありながら、
新しい物にも、古い物にも、
ビシッ!としてる物も、ボロボロの物にも、
それぞれ良さがありますね。

「素敵に色褪せて、深い味わい」を
醸し出せるオトナに自分もなりたいものです。


さて6年ぶりのアルバム、
TV番組のテーマソング、CMソング、
他の人に提供した曲等々で
既に馴染みの深い曲も多々ありますが、
こうしてきちんと聴き直すと
また、違った深い印象が生まれるもので。

アルバムが手元に届いた夜、
聴いたら、恥ずかしながら「涙腺」が緩んでしまい、、、、
こんなことは、そう無いことで。

実は最近、きちんと考えなけりゃいけないことがあって
*いい歳なんだから普段からきちんと考えろ!って
  怒られそうですが*


出した結論に、後悔は無いものの、
その時の伝え方やタイミングがどうだとか、
これからのことだとか、また考え込んでいる訳で、

そんな時だったんで、なおさらでしたが
アルバムの幾つもの曲に励まされ、癒されました訳でして。



この慌ただしい世の中、
心身ともに「疲れてるな~」って方には、
「必聴もの」です、間違いない!(断言)

でもでも、決して
「暗~い、まったりした」アルバムじゃないんで、
「いつでも」「どこでも」素敵に聴けることも、
もちろん!ってことで。
ほんとに蛇足ではありますが、、、


冒頭にの「Piccadilly Circus」の
「Never Cry Butterfly」は、
杉真理さん&伊豆田洋之さんの名曲!


松たか子さんに提供した「みんなひとり」も、
松さんのバージョンと大きく雰囲気を変えてる訳では
ないんだけれど、
なにか、もっとしっかりと「語りかけられてる」っゆうか、、、

松さんのバージョンも素敵なんで、ぜひ聴き比べしてみて!


あと、?年か経って五十路になってから、
「人生の扉」を、またちゃんと聴こうかな。


 

|

« スパイダーマン 3 | トップページ | 大日本人 »

music」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182396/15218178

この記事へのトラックバック一覧です: Denim:

« スパイダーマン 3 | トップページ | 大日本人 »