« EU Express Train | トップページ | 晩秋の美ヶ原 »

2006年10月16日 (月)

RHAPSODY IN BLUE

Img061のだめカンタービレフジテレビ本日初回)」
のエンディングテーマになってた曲

GEORGE GERSHWIN(1898-1937)の作曲
イントロ部分のクラリネットの上昇グリッサンドが
印象的で広く知られている曲。

「のだめカンタービレ」は原作は読んだことない
けれど、頻繁に流れる「番宣」を見てるうちに
気になって本編を見て「こりゃ、ちょっと続けて見てみようかな」なんて
思ってたらエンディングでこの曲がかかり、
「関わってる人達の音楽センス良し!」って重ねての感想をもったわけで。

オーケストレーションな曲は身近に聴くことは少ないけれど、この
「RHAPSODY IN BLUE」は、常に車の中に常備されている一枚。
イントロ部分の印象的なところだけでなく、まさにjazzのエッセンスを
取り入れた「シンフォニック・ジャズ」って表現されている曲。

バッハやベートーベンは??? って思ってる人もこの曲は、ぜひ!

さて、ドラマのほうは、原作知らない貴重な?存在として、楽しみに
次回も見てみようかなっと。

|

« EU Express Train | トップページ | 晩秋の美ヶ原 »

music」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182396/12311219

この記事へのトラックバック一覧です: RHAPSODY IN BLUE:

« EU Express Train | トップページ | 晩秋の美ヶ原 »