« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

夏の終わりの、、、

R0010177 早いっすね~、今日で8月も終わり。

ってタイミングに休みが取れたんで、ちょいと山まで

(訳あって地名は伏せますが、写真で判っちゃうかな?)

R0010160

「夏の終わりの、、、」を感じるかなってひとっ走りして

きました。

でも、まだまだ日中は暑さ続きで、「サマジャケなんで

通気性バツグン!」なんてやせ我慢も走ってるときだけで、止まっちゃうと

これがモウ「汗だく」で。(トラックの後ろでの渋滞は特に最悪!!)

それが、標高が高くなるにつれ「ひんやり」した空気になってきて、、、

R0010183_2 これだから「山」はいいんだよね。

さて、あちこちと「うろうろ」しながら、「絵になる」風景

を写真に収めようと「パチパチ」(かなり大量に)として

R0010206 きましたが、帰ってきてプレイバックしてみると、

まあ、なんと駄作が多いこと。

デジカメだからいいけど、フィルムならすごい無駄遣い。

R0010202_2 そういえば、フィルムの時代も沢山現像してたっけ、、

できるだけ、涼しいって感じの写真を選んだつもり

ですが、、

R0010189 さて、明日から9月。

秋って夏以上に「あっという間」に終わっちゃうんで

「秋ならでは!」って過ごし方ができたらって思います。

R0010212 今日写真に納めたところを今度は「紅葉」になってから

また行こうかなって。

そうそう、LEGACY も出動させなきゃ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

LEGACY with McIntosh

R0010080LEGACY NETWORK に加わらせて頂いたので

http://subaru.cocolog-nifty.com/index.html

もう一発愛車ネタを。

免許を取って以来、数々の車を乗り継いできた

なかで、「純正オーディオ」でこれ程の満足感を

得られたのは、初めて!

でも見た目は「地味!」なんだよね~。なんせTONEもHIとLOの二つの

押し込みノブだけ。最初は「こりゃ、ブランド倒れか?」などと懸念増大。

ところが、Vol をあげていくたびに艶と厚みに包まれた音にただ感動!

イルミネーション「キラキラ」でイコライザー「こってり」に浸っていた過去

をまるで全否定する衝撃でした。

このオーディオの存在だけでも、「長く乗り続けよう」って思い続けてる

愛車ですが、新型は一層進化と。(う、うらやましい~!)

http://subaru.cocolog-nifty.com/legacy/2006/07/post_96a8.html#more

でも、開発の方が「中島美嘉」をベンチマークにされていたと知って、

思わず「にやっ」っとしてしまいました。(いや、彼女の音はよいですよ!)

さて、今はその「McIntosh」で何を聴いているかといえば、「akiko」のBest

Image_3 「Collage」

彼女のセンスが凝縮された一枚。

最初から最後まで「スキなし」って感じです。

Bestを名乗るからにはこうでなくちゃって感じ。

「McIntosh」をお持ちの方もそうでない方にも、ぜひ一押し!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

REGNOをLEGACYへ

R0010073_1 「LEGACYB4」を愛車にしているものとして、

オフィシャルブログは常に注目してきたけれど、

http://subaru.cocolog-nifty.com/index.html

その中で「この夏のベストショット!」というお題が

出されており、「素敵な一枚の写真を」と思って頑張ってきましたが、

少ない休みの中、あれやこれやとバタバタしているうちに、時は過ぎ

「LEGACYをお供に」のお出かけがなかなか叶わず、モウすぐ9月、、、

 そんな愛車への罪滅ぼしにと、

そろそろ寿命のタイアを「REGNO GR-8000」に新調し履き替えて、

*先に履いていた「POTENZA」と結構迷った末、違うものを試そうと選択*

久しぶりに念入りに洗車、「そこでの一枚」がこの写真。

よし、「秋は君との時間も沢山つくるからね」な~んてブツブツ言いながら、

拭き上げ完了~! と突然そこに、怒涛の通り雨が、、、、(愕然!)

<業務連絡>

LEGACY BLOG管理人さま、ステッカーを希望しております、

今後も宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

iPodとヘッドフォン

4984824727175iPodを始めとする携帯デジタルオーディオの隆盛

の中でヘッドフォン市場が活気付いたのは御承知

の通り。

ちょいと物色でも始めたものなら、そりゃ「目ん玉が

飛び出る」ほどの高額メーカー品から、まるで「お菓子のおまけ」の様な

胡散臭い格安品まで、物凄い種類が世に出ているわけで。

以前にも取り上げたSONYの「MDR-EX90SL」は期待通りの音質で愛用

を続けてる中、これも前に記したiPodなのに室内使用が多いという環境

から「カナルじゃないので何か」って探して見つけたのがPanasonicの

「RP-HTX7(写真)」 実売価格で 5,000円クラスとしては優秀かと!

エイジングが済むまでは、「まあ、こんなもんか」って音だったけれど、

こなれてくると「こりゃメッケもん!」って感じに変わってきて、最近は

一番使用頻度が高いヘッドフォンに見事昇格。

評価の仕方には聴くジャンルも重要な要素、そこらへんは過去ブログ

をご参照方、ということで。

さて、「夜中に大音量で派手な音楽を」ってときがヘッドフォンの活躍

の場ですが、本当は「低音バッチリ豪快スピーカー」で聴きたいところ。

しかし最近は、あの「布団叩きながら大音量叔母ちゃん」のニュースを

見てから、前は「大丈夫だろう」て思ってた隣近所との「距離感」に随分

ナーバスになってきており、遠慮しがち。

でも、大都会に比べれば随分恵まれた環境ではある訳ですが、、、

さて、今夜の「酒の肴」には何を聴こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

美ヶ原ツーリング

R0010015涼を求めて、美ヶ原まで行ってきました。

信州は曇り空でしたが、さすがに蒸し暑く、

それが、山道に入って標高が増すたびに

どんどんと、ヒンヤリして行く感じ。さすが標高2,000m(だっけ?)

R0010027 高原美術館に到着する頃には、かなり霧

がかかっており、下界の絶景を楽しむことは

叶わずで、少し残念。

R0010022 せっかくなんで、少し歩いて散策なんぞも

してみましたが、ホントに霧が濃くなると、

「遭難しちゃうんじゃないか」などと思ったり

して、でも喧騒を忘れてって気分になれましたですよ。

帰り道は、登りとは別のルートを通ってみましたが、この道沿い

R0010037もなかなかよくて、ちょっと走っては止まって

眺め、また走りって感じで結構うろうろしつつ

で、ちゃんとした所要時間はぜんぜん判らず

になってしまいました。

*登りは入山辺の方からで、下りは武石村

方面から美鈴湖経由で浅間温泉のルート。

R0010038

こういうツーリングをすると、素晴しい風景が

目白押しで、写真もついつい沢山撮りまくる

のですが、後から写真を整理しながら眺める

R0010046

と、やっぱり写真も上手に撮れたらいいなって

思いますです。(なんか、イマイチなんだよね)

さて、明日はまた「喧騒」へと突入です、気合

いれて頑張りますか、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

中沢家の人々

Img044ご存知、三遊亭圓歌師匠の十八番のCD化。

「落語を知らない」って人も「笑点なら」って人は

多いと思うけれど、「大喜利」だけじゃなくてぜひ

一度、一席聴いてみることをお勧めです!

映画や小説に興味を持っているなら、落語はまさに「小宇宙」って

感じで捉えることができる世界観があると感じられるはず。(大袈裟?)

短い噺だと10~15分の中に起承転結があって、且つ面白いんだから。

「男はつらいよ」を見ていると、その脚本の根底には、まさに落語の世界

そのものがって、いつも思う。(山田監督のことはよく知らないけど、、、)

さて、一番のお勧めは、やっぱりLIVE(あっ、寄席です。)で聴くのが!

でも、「寄席には行きづらいし、熊さん八つぁんの古典もなあ?」って方は、

このCDをはじめとした新作落語のCDが、ぜひお勧め!

圓歌師匠は先だってニュースにもなった、落語協会の元会長。

その前は小さん師匠、今度は「会長への道」でおなじみ馬風師匠が

本当に会長になったっていう「オチ」のような出来事でしたが。

*ちなみに桂歌丸師匠が会長で、三遊亭小遊三師匠が笑点の

 大喜利のなかで「便●でお●を拭く(副)会長」っていってるのは

 他団体の「落語芸術協会」 お~っ うんちく!

この「中沢家の人々」は普段の寄席では15分程度にしなくては、を

独演会で完全版として一時間以上の熱演の一席。

でも、笑いっぱなしで一時間なんて長さを感じさせない内容。

ストレス溜まったときなんか、「笑う」ってやっぱ一番かも。

最近は落語のメディアが非常に多数出ていますので、「他には?」

って方はいろいろ探してみてくださいませ。

Podcast系は若手中心ですが、無料でお手ごろに入手できます。

個人的に、他にお勧めは圓歌師匠の弟子の三遊亭歌之介師匠の

「B型人間」ってCDも傑作です。

でも、やっぱ音楽と一緒。CDで聞いてると寄席に行きたくなるんだよね。

「今度、出掛けたときには予定しようかなあ」なんて計画中。

やっぱ、なんでもLIVEが一番ですね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

WE LIVE HERE

We_live_here パットメセニーグループ 95年リリースアルバム

しかし、暑いっすね~、こう猛暑が続くと心身共に

涼しさを求める為に様々な工夫を凝らすわけで、

「衣食住」いろんな手立てがありますが、個人的に

重要視しているのは、夜、部屋で一杯のBGM。

もう、ここんとこTVも暑苦しくて見る気が無く「部屋での一杯」の時間

ももっぱらBGMを聴きながら。

そんな場面で必ずチョイスするのがメセニーのラインナップ。

(昔お世話になった<住んでる?>といわれた程通い詰めていた

  飲み屋の「マスター」の影響が多大な訳ですが、、、)

数あるPMG(あえてライル・メイズ好きなのでPMGで)のアルバムの

中から「どれが一番?」ってのは難しい課題で、「最新が最高」という

演者の想いに立てば、昨年ツアーを行った(ちゃっかりいってきましたが)

「THE WAY UP」を評価しなくちゃいけないし、「この一曲」って評価もある

だろうし、、、とりあえず今聴きながらの最中ってことで「WE LIVE HERE」

PMGは、もちろんメセニーの卓越したGuitarPlayがその中心であることに

異論をはさむ余地はなくですが、そんなに派手じゃないけれど、Pf の

ライル・メイズのplayがとっても好きで、メセニーがソロでのアルバムも

もちろんなのですが、やっぱりPMGかなっと。

もし、PMGは「まだ」って方でしたら「入口」としてこの一枚は適当かと。

きっと「暑さ対策」にも貢献することかと。

さて、仲間と派手に一杯やったのが、つい一週間もたってない前だった

なんて思えないほど、もう既に「今度いつ頃、飲み会かな~?」なんて考え

ちゃってるのに、気がついて、、、

「お~いゴン太、やっぱり<夏休みボケ>かなあ?」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

盆休み

P1000111 ど~も、ゴン太です。

それにしても暑いですね~え、もうぐったり。

実は、ご主人も「明日から仕事、やだっ!」って

さっきからダダこねっぱなしで、手に負えないんです。

なにか宙を彷徨う目になりながら、「楽しかったな~、プチツーリング」

P1000118 「空気も美味しかったし、心も洗われたようだよ」

「また、行きたいな~、、、、」

ってぶつぶついってみたり、

P1000114 「久しぶりの友達と飲み会、飲んだよ~

面白いソックスのお姉さんがいて、おもわず

   シャッター押しちゃったよ!(承諾済)」

なんて、まだ酔っ払っているかの感じで思い出している様子で、、、

そう、夏休みが終わっちゃう子供みたいって感じでしょうか。

「でもさあ、まだ映画も見てないのあるし、あっパイレーツいつまでかな?」

なんて、あきらめがつかない様子、明日仕事にいけるのかな~?

それはともかく、

休み中ご主人にお付き合い頂きました皆様、ありがとうございました。

わたくしゴン太も、この暑さのせいでお見苦しい姿ばかりでしたんで、P1000125_1

お盆の最後くらいは、ちゃんとしたところをお見せしようかと、

びしっとお座りなどしてみました。

少しはお利口そうにみえます?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

メリメリ

Ckb クレイジーケンバンドの新譜

「CKB」の「ノリ」はホントに心地よい!

で今日は、とある地方都市のホールまで

「CKB」のLIVEチケットを購入しに遠征。

「ぴあ」をはじめとする「通信販売(古!)」によるチケ購入が一般化

しているなか、整理券をもって行列して、座席表見ながら直接購入

なんて、実に久しぶり&懐かしくて、このアナログっぽいところも実は

「CKB」らしいかなって。

今日、早起き&貴重な休日を一緒してくれた友人にココロから「感謝!」

当日も盛り上がること必至です!

さて「メリメリ」の詩はいろんな意味で「グッと」きましたですよ、、、

で、中に出てくる「トンガラシいろのソウルトレイン」って京浜急行かな?

あの路線&電車、妙に気に入っており、よく用も無く乗りにいってた時を

思い出したりして。(そうです、電車オタクです!)

おおっ!、また男性ボーカルネタになってしまった、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

キングスロード

Kings_road 「KINGS ROAD」=「王道」

オリジナル・ラブ の カバー曲でのアルバム。

以前の「LIVE反省会」時に友人より強く

薦められたのが、田島貴男氏。

何枚かのアルバムを聴いていき、たどり着いたのがこの作品。

「カバー」と一言では片付けられない深い内容。

とにかく選曲がすごい!「It's The Same Old Song」~「Ruby Tuesday」

~「Blue Bird」~「Be My Baby」 そして「青年は荒野をめざす」 etc、、、

収録の10曲全てが「ほお~!」って感じ。

なにより、訳詞を田島氏が行い、日本語で歌ってるのが逆に新鮮!

「モータウン」から「フォークル」まで、しかも訳詞はともすると「邪道」って

いう人もいるけど、田島氏のセンスで正に「王道」に仕上げたなと。

田島氏って最初個性的過ぎて「ちょっと?」って感じでしたが、ちゃんと

聴いていくと、いいですよこれが!

しかし、オリジナル・ラブのアルバムでいきなりこの一枚を採り上げるって

選択はそもそも「邪道」ですねぇ、、、(反省) 

さてさて、最近は角松氏の新譜、田島氏と、「自称お姉ちゃんVocal 好き」

としては珍しく男性ものが「ヘビロテ」されており、ここらで「ビシッ!」とした

女性ものを聴いてみたくなってきており、あちこち物色中なのですが、、、

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

ユバナ

Photo_3「ナナムジカ」の初アルバム。

才能あるミュージシャンだと思う。

でも、このアルバムについては??。

いろんな意味で「急ぎ過ぎた」んじゃ、、、

出来上がった分からどんどん「REC!」って感じ、いわゆる

「とってだし」感がすごくしてしまい。

もっと、アルバムとしてのトータル性ってゆうか「テーマ」ってゆうか。

デビュー作なんで「とにかく!」ってかな?

Basicなところでセンスを感じる二人なんで、かなり辛口でした。

「小出しに、じっくり、しっかりと。」でいいと思うんだけど、、、

商業的には許されないんでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »